通販でカニを食べる!カニの浜海道で本ズワイガニ冷凍ボイル大2尾をおとりよせる

5,001~
いま欲しい物リスト-スポンサーリンク-

旅するグルメライターけいたろうが実際に通販でおとりよせた商品を自信をもってご紹介。
今回の商品は、浜海道さんのボイル本ズワイガニ。

浜海道のボイル本ズワイガニ姿(大)2尾をおとりよせる。

冬の海の幸、ズワイガニが贅沢に2尾

海の幸の贅沢品と言えば、なんといってもズワイガニ!
おとりよせの定番商品でもあるけど高価なカニなので、失敗したくなかったので、
Yahoo!ショッピングでも総合評価4.2の高評価な浜海道さんから購入。
大きなズワイガニ2尾、茹でて冷凍された状態で届きました。
※こちらの商品は、夏季は販売していません。秋の販売開始までお待ちください。

●カニの浜海道 ボイル本ズワイガニ姿(大)2尾の商品概要

こだわりの船凍品で品質重視 鮮度抜群!
原材料となるカニたちは、
水揚げされたばかりの、新鮮で元気なカニのみを使用。
身の詰まり、張り・弾力、味の濃さに違いを感じます1
最盛期に獲れた堅ガニのみを厳選し、
最高の状態で加工・急速凍結にしてお届けします。
※堅ガニ(かたがに)とは、
身や味噌がたっぷりと詰まった高品質のカニのことです。

■引用元:カニの浜海道 https://hamakaido.jp/
商品名:ボイル本ズワイガニ姿(大)2尾入
価格:7,500円(税込)+送料全国一律1,500円
配送方法:クール便
販売期間:期間限定(秋~春)※夏季は販売していません
公式サイト:https://hamakaido.jp/
□販売元:カニの浜海道(北海道函館市北浜町2-20)

配送パッケージや商品のようすを紹介します。

カニの浜海道さんの配送パッケージ

商品は大きさな発泡スチロールの箱で届きました。
カニの浜海道とテープで書かれ、市場のトロ箱みたいでテンションが上がりますね。

冷凍されたズワイガニと巻き尺

フタを取ってみると中にはビニール袋、そして中から出てきたズワイガニがコチラ。
ボイルして足を縛った状態で冷凍され、さらにビニールに包まれていました。

足や爪に欠損はなく、いわゆる訳アリ商品ではない完品!
自宅用以外にも利用できる商品となっていました。
また同梱品として美味しいカニの食べ方のパンフも封入されていました。

同封されたカニの食べ方パンフレット

浜海道のボイル本ズワイガニ姿(大)2尾のこだわりポイントや原材料を紹介します。

<原産国:ロシア産またカナダ産><加工地:日本>
<原材料:ズワイガニ、食塩>

タラバが王様なら、ズワイガニはカニの女王!
山陰地方では松葉がに、北陸では越前がにと呼ばれ、
本州では高級な蟹として扱われます。
その名にふさわしい、上品な味わいが人気で、独特の繊維質と甘い身はズワイガニならでは。
お口の中でパッと広がる食感はまさに絶品!
丸ごと一尾の姿煮は、カニミソも味わえます。
昔はボイルしたものばかりでしたが、最近はカニしゃぶ用の生(冷凍)のむき身が主流です。

■引用元:カニの浜海道 -IKKAKU- https://hamakaido.jp/?pid=5656021

ボイルズワイガニを流水で解凍!

冷凍された状態のズワイガニ

冷凍のボイルズワイガニは美味しい反面、解凍がちょっと大変。
ベストな食べ方は自然解凍とのこと。

配送のパッケージを最大に利用して流水によるズワイガニ解凍。

今回は少し時間がなかったので、流水で解凍してみました。
まず配送に使われた発泡スチロールを台所のシンクに設置。
カニが入っていたビニールの上からスーパーのレジ袋をかぶせて、
水が直接当たらないように細心の注意をしながら、発泡スチロールに水を溜めこぼし。
時々、中のカニの様子を見つつ、2~30分で足と爪が半解凍の状態で終了。
残りは他の調理の間に解凍されるのを待つという感じ。

※くれぐれも水が直接かからないよう。水に触れると旨味が流れ出してしまいます。
また凍った状態での調理も水分が抜けるので、パサつきの原因になります。

浜海道のボイル本ズワイガニ姿(大)2尾をじっくり観察してみよう。

解凍されたボイルズワイガニ

無事に解凍された浜海道のボイル本ズワイガニ姿(大)2尾をじっくり観察してましょう。
冷凍されている状態では、ちょっと頼りなさげだったズワイガニですが、
解凍されたことによって迫力満点!

ズワイガニを正面から

これが食べられるかと思うとワクワクします。
ちなみに解凍の途中、足を縛っている輪ゴムをちょっと強引に外そうとしたら、
足が何本か取れてしまいました。丁寧にゆっくりやれば問題ないと思います。

ズワイガニの姿煮をポーション加工。

ポーション加工されたズワイガニ

ボイルのズワイガニは解凍した状態で、そのまま食べるのが一番美味しいらしいですが、
さすがに温かい方がいいのでポーション加工して、
カニしゃぶよりさらにサッとお湯にくぐらせて温めて食べたいと思います。

ズワイガニの足を甲羅から外す行程

そこで、ポーション加工してみました。
ポーション加工は、1度覚えておくと便利です。
まずは足を外して関節部分を切り落とします。

関節部分を外す行程

ズワイガニの足の裏側、白い方を上にして、包丁を当て数ミリ切り込みます。
その後、包丁をスライドさせれば、皮が外せます。

ズワイガニの足に切れ込みを入れる行程

この時、刃は少し上向きにする感じです。

包丁をスライドしてズワイガニの足の皮を切る

切りづらい場合には、ノコギリのようにギコギコと動かすと切りやすいです。

切り開いたズワイガニの足の殻に切れ込みをいれる行程

殻を外したら、根元の部分をカット。

逆側にも切れ込みを

反対側もカットします。

グッと殻を開いて身を外す

ここまで加工すれば、殻をグッと開いて身を持ち上げれば、殻から身が外れます。

ズワイガニの爪もポーションに

また爪もポーションに加工できます。

ズワイガニの爪を包丁の角でトントン叩く


爪の部分は包丁の根元の角でカンカンと叩けば、全体にヒビが入ってパカッと外せます。

パカッと割れるズワイガニの爪

コツとしては、1回で強くやるのではなく、弱く何回も叩くことです。

ズワイガニの甲羅を外したところ

胴体部分は、まず甲羅の背中部分をあけて、カニ味噌を取り出し、甲羅に移します。
そして胴体を立てて、カニの口に包丁の切っ先を当てて、まず左右に切り分けます。

ズワイガニの胴体を前後に切断

次に胴体の切った面を下にして前後に切り分けると、胴体が4つに分解できます。
前後左右で1/4にするイメージで加工します。

1/4に切り分けられたズワイガニの胴体

※なお胴体部分は解凍が足より遅いので、いったん足を全部外して、
足を加工中に流水で解凍するのをオススメします。

ズワイガニの姿煮を調理。

カニしゃぶの材料

ポーション加工したズワイガニ。

出汁を取られる昆布

カニ本来の美味しさを最大限に味わうために鍋もシンプル。
昆布でダシを取って、具は白菜と豆腐、キノコだけ。

カニ味噌と胴の身を詰めたズワイガニの甲羅焼き

胴体部分は、カニ味噌とポーション加工の際に出た端材部分を入れて、
網焼きにすれば甲羅焼の完成。
そして甲羅焼に日本酒を注いで軽く炙れば、ズワイガニの甲羅酒の完成です。

浜海道のボイルズワイガニ!お待ちかねの実食レビュー

しゃぶしゃぶされるズワイガニのポーション

解凍と加工を終えた、浜海道さんのボイルズワイガニ。
ようやく実食の時間。
ポーション加工した足を、お湯にサッと、ホントに一瞬だけくぐらせる。

カニしゃぶにポン酢

それを素早くポン酢につけて食べると、カニの旨味がギュッと詰まって最高に美味しい。
贅沢な贅沢な食事という感じです。
ボイルの際には塩ゆでにされていますが、ポン酢をつけても塩辛いという感じではありません。

ズワイガニのカニポーションのカニしゃぶ

身も詰まったズワイガニですが、あまりの美味しさに、どんどん食が進みます。
胴体部分も1/4カットすることで、殻から身を外しやすくて、食べやすい。

甲羅焼きに日本酒を注いでズワイガニの甲羅酒

そしてお楽しみの甲羅焼。
こちらは一転、香ばしさとカニ味噌の風味が強く、カニしゃぶとは違った味わいがあります。

甲羅酒もいただきます。
濃厚なカニ味噌が日本酒に溶け出し、お酒好きカニ好きにはたまらない料理ですね。

鍋一杯のカニ雑炊

最後にカニ鍋には、ご飯を入れて、カニ雑炊にして食べました。
カニの旨味が溶け出したスープをご飯が吸って、鍋の締めに最高の一品となりました。

鍋物のシメの定番はやっぱり雑炊

ズワイガニ姿煮2尾を買って、カニのフルコースを堪能しました。
浜海道さんのボイル本ズワイガニ姿(大)2尾、ごちそうさまでした。

ま・と・め!

お取り寄せの定番商品ズワイガニ。Yahoo!ショッピングで人気の浜海道さんで買ってみた。
解凍は慎重に。ポーション加工は1度覚えてしまえば意外とカンタン!

■ご購入はこちらからどうぞ!(外部リンク)

コメント

タイトルとURLをコピーしました