白銀亭の大阪あまからビーフカレー!大阪の名店カレーのレトルトを通販でおとりよせる

カレー
いま欲しい物リスト-スポンサーリンク-

旅するグルメライターけいたろうが実際に通販でおとりよせた商品を自信をもってご紹介。
今回の商品は、エスビー食品さんの噂の名店レトルトカレーシリーズ。
白銀亭さんの大阪あまからビーフカレー。

白銀亭の大阪あまからビーフカレーをおとりよせる。

白銀亭の大阪あまからビーフカレーとごはん

大阪でカレーといえば、旧ヤム邸さんやボタニカリーさんなどに代表される、
スパイスカレーが全国区的にも有名。
かと思えば、インディアンカレー船場カリーなど、
ちょっと懐かしいタイプのカレーまで幅が広いのが特徴です。

白銀カレーは大阪でも特に多くのカレー屋さんが集結し、
カレー激戦区となっている大阪本町の知られざる名店という感じのお店。
味のタイプは、ちょっと懐かしいタイプですが、商品名にもある通り、あまから。

白銀亭さん個人的に大好きで何度か行ったことがあるお店。
実際に店舗で食べたこともあるお店のレトルトカレーということで再現率も気になります。

白銀亭 (本町/カレーライス)
★★★☆☆3.72 ■予算(夜):~¥999

白銀亭の大阪あまからビーフカレーの商品概要

お店を開く前から、大阪の甘辛いカレー文化の中で、旨味のある独自の甘辛カレーを追求していました。目指す味に向かって材料を厳選し、豚肉の美味しさを活かす仕入れ方法、スパイスの合わせ方、カレーソースの寝かせ方…あらゆる方向から試行錯誤しました。カレーは化学反応です。美味しいものを入れたら美味しくなるわけではありません。素材同士の化学反応によって、味に深みが出ます。例えば、香りのあるスパイスを多めに振るか、一振りするのかで味わいは大きく異なります。材料もスパイスも、お互いに繊細なバランスで成り立っています。その微調整によって辿り着いたのが白銀亭のカレーです。一緒に提供している玉ねぎの自家製ピクルスも、甘みが強い玉ねぎと砂糖、塩、酢のバランスの調整にこだわり抜き、辿り着いた味を提供しています。

■引用元:エスビー食品内商品ページ
商品名:噂の名店 大阪あまからビーフカレー
鮮烈な辛口180g 辛口/白銀亭/大阪/あまから/ビーフカレー
価格:339円 (税込) 送料770円
配送方法:常温便
販売期間:通年
公式サイト:https://item.rakuten.co.jp/e-sbfoods/14629/
□販売元:エスビー食品株式会社(東京都板橋区宮本町38-8)

商品パッケージのようすを紹介します。

白銀亭の大阪あまからビーフカレーの商品パッケージ

今回の商品は、僕が住んでるのが白銀亭さんの地元と同じ大阪ということもあって、
スーパーで通常に購入しましたが、
他府県の方が確実に手に入れるにはやはり通販がオススメです。
箱入りのレトルトカレーとして販売されています。

辛さが最高位の白銀亭の大阪あまからビーフカレー

パッケージには、鮮烈な辛口や、辛味順位表も1~5の上の最上位のHOT。
辛さを前面に押し出したパッケージとなっています。
味を知っている僕からすると、確かに正解だと思います。

名店の味という事で、辛いのが苦手な人がうっかり購入すると後悔されかねないですし。

白銀亭の大阪あまからビーフカレーのこだわりポイントや原材料を紹介します。

白銀亭の大阪あまからビーフカレーの成分表

<原材料:ハーブ煮込み牛肉(国内製造)(牛肉、食塩、香辛料、デキストリン)、ソテー・ド・オニオン、 牛脂、砂糖、ココナッツミルク、チャツネ、香辛料、カレー粉、 小麦粉、人参、食塩、ポークエキス、昆布エキス、 クリーム(乳製品)、ビーフブイヨン、オニオンパウダー、 乳糖、果糖、ぶどう糖、リンゴ酢、インスタントコーヒー、 コーンパウダー/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、 カラメル色素、酸味料、甘味料(アセスルファムK)、 香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・豚肉・りんごを含む)>

■引用元:商品パッケージ

白銀亭の味を再現して、お店に来られない方も「これが白銀亭の味だ」と美味しく思っていただけるように作りました。これまでのレトルトカレーとは違う、新しいレトルトカレーを目指して何度も試作しまして、白銀亭の甘辛さと旨味を出すために、スパイスの使い方や小麦の炒り方など細部にこだわった一品です。

■引用元:エスビー食品内商品ページ

白銀亭の大阪あまからビーフカレーをじっくり観察してみよう。

白銀亭の大阪あまからビーフカレーのレトルトパッケージ

箱を開けると、ごく一般的なレトルトカレーという感じ。
追加スパイスのような小袋も特についてなかったです。

白銀亭の大阪あまからビーフカレーのレトルトパッケージの裏

白銀亭の大阪あまからビーフカレーを湯せんで加熱。

湯せんする白銀亭の大阪あまからビーフカレー

白銀亭の大阪あまからビーフカレー、商品パッケージにも書いてありますが、
食べるにはレンジでチンするか、湯せんで温めます。

ザルで湯切りされる白銀亭の大阪あまからビーフカレー

個人的には湯せんの方が楽だし、カレーソースも出やすくなるので、
小鍋にお湯を沸かしてドボン。5分ほどグラグラと煮沸。

白銀亭の大阪あまからビーフカレーをごはんにかける

炊いておいたご飯を皿に盛って、
ルーをドバーっと掛ければ、白銀亭の大阪あまからビーフカレーの完成です。

白銀亭の大阪あまからビーフカレー!お待ちかねの実食レビュー

白銀亭の大阪あまからビーフカレー

あつあつのご飯に掛かった白銀亭の大阪あまからビーフカレー。
それではいよいよ実食レビューの開始。いただきます!

お肉がゴロっと白銀亭の大阪あまからビーフカレー

カレーソースの色は、茶色よりも少し明るくて黄色い感じ。
次にスプーンで持ち上げ。お肉がゴロっと入ってます。
レトルトカレーで大きいお肉に出会えるとちょっとテンション上がりますよね?

スプーン上げされる白銀亭の大阪あまからビーフカレー

それでは改めていただきます。
スプーンですくって一口。パクっ。
最初、甘いです。
実際に食べたことある人なら分かると思いますが、まず最初は甘いです。
フルーティーなカレーという印象で「あれ?辛いと言えば辛いけど」って感想を持つと思います。

そして油断して、もう一口食べようとすると来ます。
辛さが。見事なまでの時間差を置いてガツーンと強烈な辛さが来ます。
しかし、単に辛いだけでトゲトゲしているという感じではなく、
旨味やコクを伴っての辛味なのでクセになると思います。

あえて似ているお店をあげると、系統としては同じく大阪のカレーのインディアンカレー。
ああいうフルーティーと強烈な辛さのカレーとなっています。

実店舗の白銀亭カレー

しかもルーの印象はかなりフレッシュ。
スパイスの風味やフルーティさはレトルトとは思えない鮮やかな印象。
お店の味の再現度はかなり高いと思います。

辛いのが大丈夫な人なら、パクパクと食べて、あっという間に食べきってしまうかも。
そして食べた後も、口の中は甘さがあるのにヒリヒリとした不思議な感覚になると思います。
ちなみに胃の中もポッポした感じになるので、
かなりの辛口であるということは変わりないですね。
辛いのが苦手な人は注意した方がいいかもです。
しかし、辛いのが大丈夫な人は、要チェックだと思います。

白銀亭 (本町/カレーライス)
★★★☆☆3.72 ■予算(夜):~¥999

白銀亭の大阪あまからビーフカレー、ごちそうさまでした。

ま・と・め!

カレーの激戦区の大阪本町の知る人ぞ知る名店である白銀亭。
こだわりの素材とスパイスの甘辛カレーをスパイスと思えないクオリティで再現。
最高ランクの辛口なので、辛いのが苦手な人は注意。

■ご購入はこちらからどうぞ!(外部リンク)

アカウントをすでにお持ちであれば楽天で購入すると個人情報登録不要なので、お手軽でオススメ!


また白銀亭さんの大阪あまからビーフカレーはAmazonでの購入も可能です!

S&B 噂の名店 大阪あまからビーフカレー 鮮烈な辛口 180g ×5個
噂の名店
¥1,379 (¥276 / 個)(2020/11/02 15:24時点)
原材料:ハーブ煮込み牛肉(牛肉、食塩、香辛料、デキストリン)、ソテー・ド・オニオン、牛脂、砂糖、ココナッツミルク、チャツネ、野菜(人参、玉ねぎ)、香辛料、カレー粉、小麦粉、食塩、ポークエキス、昆布エキス、クリーム(乳製品)、ビーフブイヨン、乳糖、果糖、ぶどう糖、リンゴ酢、インスタントコーヒー、とうもろこしでん粉、増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、甘味料(アセスルファムK)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

【店舗概要:白銀亭】

白銀亭
白銀亭
ジャンル:カレー
アクセス:地下鉄御堂筋線本町駅2番出口 徒歩3分
住所:〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町4-4-12 ダイド-メゾン大阪御堂筋1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 淀屋橋×カレーライス
情報掲載日:2020年11月1日

▽ブログランキングに参加中▽

にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

△記事が参考になったらクリックで応援をお願いします△

ースポンサーリンクー

白銀亭のカレーを直接大阪のお店で食べるなら
航空券と宿がセットの楽天トラベルの「楽パック」が便利でお得!

コメント

タイトルとURLをコピーしました